『ブレット・トレイン』伊坂幸太郎のベストセラーがハリウッド映画に

『ブレット・トレイン』伊坂幸太郎のベストセラーがハリウッド映画に 【映画】

伊坂幸太郎の人気ベストセラー小説『マリアビートル』を、ブラッド・ピット主演でハリウッド映画化した『ブレット・トレイン』が、遂に日本でも公開しました!

今回は日本公開にあたって、原作や吹き替えを誰が担当しているのかなど、『ブレット・トレイン』の魅力について、説していきたいと思います。

スポンサードリンク

作品情報

  • 日本公開日:2022年9月1日
  • 上演時間:126分
  • 原作:『マリアビートル』
  • 監督:デヴィッド・リーチ
  • 配給:ソニー・ピクチャーズエンターテイメント

原作『マリアビートル』あらすじ

元殺し屋の木村雄一は、息子に重傷を負わせた中学生・王子慧に復讐するために東北新幹線に乗り込みました。しかし王子慧は、木村の計画はおろか、元殺し屋という過去まで知っていました。自信家である王子は、大人を自分の思い通りに動かすのが好きで、木村の息子を脅迫材料に、木村を自身のコントロール下に置きました。

闇社会の大物・峰岸から依頼を受けた、腕利きの殺し屋コンビ・蜜柑と檸檬は、峰岸の息子を救出。さらには支払われた身代金の回収も行い、それらを運ぶために東北新幹線に乗り込みますが、身代金の入ったトランクを紛失してしまい、峰岸の息子も殺されてしまいました。

そこで二人は峰岸の粛清を免れるために、行動を開始します。

運の悪い殺し屋・七尾は、仕事のパートナーである真莉亜より、「簡単な仕事」としてトランクを盗む仕事を受けました。東北新幹線に乗り込み、トランクを盗んだ後、新幹線を降りようとします。しかし、そこで因縁のある殺し屋・狼と鉢合わせするなど、不運の連続で降車に失敗してしまいます。三人の殺し屋は窮地を脱出するため、王子は大人を翻弄するため、それぞれが新幹線内で行動を始めます。

スポンサードリンク

キャストと吹き替え

本作『ブレット・トレイン』は、出演者はもちろん、吹き替え声優もとても豪華なメンバーが集まっています。一人ずつ解説していきたいと思います。

レディバグ(七尾):ブラッド・ピット/堀内賢雄

世界で最も運の悪い殺し屋・レディバグの吹き替えは、堀内賢雄さんが演じています。堀内賢雄さんは、吹き替えを中心に活動する声優で約25年にわたりブラッド・ピットを担当。現在では、ほぼ専属でブラッド・ピットの声優を担当しているため、「ブラッド・ピットといえばこの人」と言われる程、親しまれています。

プリンス(王子慧):ジョーイキング/山本舞香

不運な殺し屋・レディバグを翻弄する、謎の女子学生・プリンスの吹き替えは、声優初挑戦の山本舞香さんが演じています。

タンジェリン(蜜柑):アーロン・テイラー=ジョンソン/津田健次郎

レモンとコンビを組む腕利きの殺し屋・タンジェリンの吹き替えは、津田健次郎さんが演じています。津田健次郎さんは、『呪術廻戦』や『極主夫道』に出演したり、連続テレビ小説『エール』の語りなど、幅広い活躍をしています。

レモン(檸檬):ブライアン・タイリー・ヘンリー/関智一

タンジェリンとコンビを組む、腕利きの殺し屋・レモンの吹き替えは、関智一さんが演じています。関智一さんは『ドラえもん』『鬼滅の刃』『呪術廻戦』などの人気作品において、全く違うキャラクターを見事に演じ切る、演技派の声優です。

キムラ(木村雄一):アンドリュー・小路/阪口周平

日本人の元殺し屋・キムラの吹き替えは、阪口周平さんが演じています。阪口周平さんは、吹き替えを中心に活動しており、クリス・パインやイ・ビョンホンを担当しています。

エルダー(木村の父親):真田広之/井上和彦

「運命」を語りたがる剣の達人・エルダーの吹き替えは、井上和彦さんが演じています。井上和彦さんは、声優や洋画吹き替え、ナレーションや音響監督など幅広く活躍しています。

ホワイト・デス(岸良夫):マイケル・シャノン/立川三貴

冷酷非道な犯罪組織のボス・ホワイト・デスの吹き替えは、立川三貴さんが演じています。

ウルフ(狼):バッド・バニー/木村昴

レディバグに因縁をもつウルフの吹き替えは、木村昴さんが演じています。木村昴さんは、『ドラえもん』の剛田武役を担当しており、様々な年代の人から親しまれています。

ホーネット(スズメバチ):ザジー・ビーツ/フワちゃん

毒針を使う殺し屋・ホーネットの吹き替えは、フワちゃんが演じています。フワちゃんは、お笑いタレントやYouTuberとして活動しています。本作の吹き替えでは、共演する声優陣からも演技を絶賛されており、どんな演技を見せてくれるのか期待が高まります。

マリア(莉亜):サンドラ・ブロック/米倉涼子

レディバグに電話で指示を送る謎の女・マリアの吹き替えは、米倉涼子さんが演じています。米倉涼子さんは、女優やファッションモデルとして活動しており、主演を演じた『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズは、高い視聴率を記録する人気シリーズになっています。

スポンサードリンク

まとめ

精緻な文章力と巧みなユーモアを操る伊坂幸太郎の作品を、ハリウッド映画ではどう描くのか期待で胸が高鳴るばかりです。もし興味を持っていただけましたら、是非『ブレット・トレイン』を劇場でご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました