リッチマンプアウーマン最終回のネタバレ感想・あらすじまとめ!日向と真琴はハッピーエンドに!?

リッチマンプアウーマン

ドラマ『リッチマンプアウーマン』最終回のネタバレ感想・あらすじを、この記事ではご紹介しています。

新会社「Wonder Wall」のCEOを安岡(浅利陽介さん)に任せた日向は「NEXT INNOVATION」に戻りますが、変わり果てた会社の光景に驚きつつも山上(佐野史郎さん)に感謝の言葉を述べました。

そして、製薬会社に就職することにした夏井真琴(石原さとみさん)勤務地は何とブラジルでした。「Wonder Wall」に荷物を取りに行くと、写真立てを探しますが、見つかりませんでした。

ラーメンよりも映画好き!美香
ラーメンよりも映画好き!美香

とうとう『リッチマンプアウーマン』が最終回!どんな結末を迎えるのか・・・(ドキドキ)

ドラマの内容を、さっそく見ていきましょう!

 

『リッチマンプアウーマン』の無料動画を見る方法はコチラ!
>>リッチマンプアウーマンの無料動画を1話~全話見逃したときにフル視聴する方法!

スポンサーリンク

リッチマンプアウーマン最終回ネタバレ

拘置所の刑務官(ベンガルさん)は「今日の夕刊はどうしても、見てくれって。いつもの男が言ってたぞ」と告げ、朝比奈恒介(井浦新さん)に渡すと日向が「NEXT INNOVATION」の社長に復帰した記者会見の記事が載っていました。

記者会見を見た真琴が「NEXT INNOVATION」の本社ビルまで来ると、偶然日向と出会いました。

業績悪化の「NEXT INNOVATION」の再起を図っている日向ですが、真琴に弱音を吐いてしまいます。そんな日向の様子を見た真琴は

「ダメですよ。日向と朝比奈が揃うのを楽しみにしている人も居るんですよ。私は見られませんけど。勤務地が決まったんです。いきなりブラジルなんて笑えるんですけどね」と話しました。

“お前の仕事は誰にでも出来る”と言われた真琴は

「誰にでも出来る仕事ですよ。だから呼ばれたんですよ。ブラジルでも何処でも行きますよ」と言って、立ち去りました。

**

翌日「NEXT INNOVATION」の記事を読んでいる朝比奈に向かって刑務官が「そんなに気になるか。だったら、直接、聞けば良いじゃ無いか」告げました。

朝比奈は、日向の面会を拒否し続けていたが会う事にします。そして

「NEXT INNOVATIONは捨てろ。お前はやり直せる」と告げて立ち去ろうとすると、日向は「絶対に捨てない。だから、帰ってこい」と告げます。

すると、朝比奈は土下座して“本当にすまなかった“と謝罪すると、日向は、ただ黙って拳を突き出しました。

その日の夜「Wonder Wall」の社長室で真琴に電話した日向は、朝比奈に会えた喜びを伝えました。そして“誰にでも出来る”と言った言動を謝罪し

「会いたい」と伝えますが、夜が明けても真琴は来ませんでした。そして真琴からの電話が鳴ると「日向の事が好きすぎて辛いから会いたくない」と言われてしまいました。

その後「顔合わせがあるから、先にブラジルに行かないか?」と上司に打診された真琴は

“いきます“と答えます。そして、泣きながら携帯電話から日向との思い出の写真や電話番号を削除しました。

一方、朝比奈と面会した日向は真面目な顔で「教えてくれ。好き過ぎて辛いって、何だ?」と尋ねると、朝比奈は笑い出しました。そして、

「好きすぎて辛いって事は、お前の気持ちが知りたいってことだ」と教えると、日向は

「でも、会いたくないって言われたぞ」と困惑しました。

そして、会社を心配する朝比奈に「問題ない」と日向は伝えました。

**

ある日、JIテックの役員会に出席した日向は

「パーソナルファイルを作らせてください!権利も利益も放棄します!その代わり、賠償金を減額してください」と頭を下げていました。

“賠償金を払うと資金が無くなる「NEXT INNOVATION」がどうやってパーソナルファイルを立て直すのか?”と難色しめす役員に向かって、日向は

「資金は…JIテックさん、50億下さい!わが社が倒産すれば、JIテックさんは1円も取り返せません。でも、僕たちの話に乗って、100年規模の事業を手に入れて下さい!完成すれば人々の基盤となり、インフラになるんです!!」と熱く語りました。

すると、JIテックの社長(石坂浩二さん)が

「面白い。でも何の実績も無いのに、金は出せませんね。まず、パーソナルファイルの運用実験をやるというのは?それに成功すれば50億円を出しましょう。ただ、1週間で出来ますか?」と尋ねます。

資金ゼロでパーソナルファイルを短期間で開発しなくてはいけない為「NEXT INNOVATION」は大混乱の中

「僕たちが来ても、状況は変わらないだろうけど、パーソナルファイルと聞けばね」と

「Wonder Wall」に移籍した小川(中村靖日さん)細木(植木紀世彦さん)安岡(浅利陽介さん)が助っ人に駆け付けます。

日向は「僕らの仕事は大切な人を思うことから始まるんだ。君たちにもそういう人が居るだろ。だった、その人の為に作ろう。ここで!」と檄を飛ばし、オフィスの真っ白な壁に

“NEXT INNOVATION 次なる革新は君たちの中にある”と書き記しました。

**

引っ越し作業中の真琴は、日向に会わない為に寮に入る事に決めました。心配する親友の小野遥香(野村麻純さん)に

「会ったら、行けなくなる。『ブラジルなんて行きたくない』って言っちゃうもん」と話しました。

ある日、パーソナルファイルの運用実験に成功した日向はJIテックとパーソナルファイル開発の契約を結び、開発費50億円を調達しました。

朝比奈にJIテックとの契約を報告すると、「やったな」と喜んでくれました。

そして“普通になったな”と驚くと、日向は

「今の僕も気に入っている。アイツが変えてくれたから」と笑顔で答えました。

その日「NEXT INNOVATION」で祝賀会が開かれると、人の名前を覚える事が極端に苦手な日向が、1人1人社員の名前をフルネームで指を指し答えていきます。

驚いた安岡が止めようとすると「君は安岡倫哉25歳。明日で26歳だ」と言いました。

全員の名前を言い終わると“どうだ!完璧だろ‼”と叫ぶと

「完璧です」とにっこり笑った真琴の顔を思い出し、酔いつぶれてしまいました。

日向が目を覚ますと、安岡が「Wonder Wall」で写真立てを探している真琴と電話中でした。

「写真立て?こっちには無いから、そっちの荷物を探してみて。見つかるまで。何だったら朝まで」と話しながら、写真立てを日向に渡すと「NEXT INNOVATION」を飛び出して「Wonder Wall」へ駆け付けますが、真琴は既に立ち去った後でした。

そして、焦ってアパートに向かいますが、すでに空き家となっており、電話もつながりませんでした。

一方、安岡はSNSを駆使し、真琴を捜索するように「NEXT INNOVATION」全体に呼びかけていると、空港に居る事が判明します。

空港のゲートで待っている真琴の携帯が鳴ると

「僕の電話には必ず出るんじゃなかったのか?」と日向の声が聞こえました。真琴は返事をすると、走ってくる日向の姿が見えました。

逃げ出す真琴を捕まえた日向は“会社が倒産の危機を免れた事、社員全員の名前を言えた事”を伝えると「完璧です」と真琴は喜びました。

そして「僕はお前のことが好きだ。だから、僕の側に居ろ」と告白する日向に“ブラジルに行かなければならない”と真琴は話しました。

すると、「お前は僕の仕事が分かっていない。18590キロ?関係無い。まるで僕が隣に居るようにしてやる。だから、お前は行け」と熱くキスをしました。

**

月日が流れ「NEXT INNOVATION」に朝比奈が復帰しました。社員に頭を下げると、日向からマジックを差し出しました。“俺たちならできる”と書くと、拳を差し出した日向に向けて、朝比奈も拳を差し出しました。

ある日、真琴とテレビ電話で話していた日向は、面倒になって回線を切ってしまいます。

切ったはずなのに「ちょっと、勝手に切らないでよ」という真琴の声が聞こえ、パソコンを点検していると、後ろに真琴が立っていて「ただいま!」と言い日向に抱き着きました。

日向は「NEXT INNOVATION」の仲間が集まった集合写真を写真立てに入れ

「悪くない」と呟いていました。

 

【リッチマンプアウーマン最終回見どころ】

NEXT INNOVATIONの社長に戻って日向は、倒産寸前のNEXT INNOVATIONを救う為、必死に頭を下げ再度パーソナルファイルを作成し、50億円の融資を受ける事を成功させます。そして、人の名前を覚える事が極端に苦手な日向ですが、40人近い社員の名前を言ってのけました。その後、一番聞きたかった真琴からの「完璧です」の言葉を聞くことが出来ました。

地球の裏側“ブラジル”に行く事になった真琴は、日向の事が大好きすぎて「会えない。会ったらブラジルに行きたくなくなる」と辛くなりました。

仕事になるとカリスマ性を発揮する日向ですが“好きすぎて辛い”の意味が分からず、やっと打ち解けた朝比奈に相談しますが、笑われてしまいます。

些細ないざこざもありましたが、日本を立つ真琴に、ブラジルまでの距離なんか関係ない。行ってこい!と背中を押します。

 

スポンサーリンク

リッチマンプアウーマン最終回感想

IT企業「NEXT INNOVATION」のストーリーが多かった前半に比べ、最終話は恋愛メインの回となりました。

日向の精神年齢の低さが露呈した「好きすぎて辛いってなんだ?」の質問には、笑えたし、可愛いなぁ。と思ってしまいました。

50億円を出資してもらった場面は、あっさりと感じましたが、空港のシーンは、月9だとベタな感じですが、何回も見たいほど名シーンでした‼

起業家を目指す人にとっては、とても夢のあるドラマだし、何度NEXT INNOVATIONで働きたいと思った事か…(^▽^;)

朝比奈も前途多難ではありますが、ちゃんと復帰できて良かったです!

小栗さんも石原さんも演技がとても上手く、見るたびに引き込まれていく最高のドラマでした。

いろいろあったが、最終的に収まるところにきちんと収まってくれた、という印象。まず、日向と真琴。この二人はもう何があっても大丈夫!でしょう。最終回直前まで「相手を思いやる嘘とか要らないから早く二人とも素直になって~。」と勝手に心配し前のめりになって見ていた私。でも、ここまで二人で築き上げてきた信頼関係は伊達じゃなかったですね。最後にちゃんとハッピーエンドになってくれて本当に嬉しかったです。あと、空港で、ブラジルと日本の距離を心配する真琴に、なんてことない距離と言い切る日向が実に日向らしくて格好良かった。あと、朝比奈が戻る場所を作った日向の懐の深さよ。「日向徹は本当に凄い男だぁ」と感心するばかりの最終回でした。

最初に感じたのは、こういうことができるようになるのか、と便利な世の中になるのね…ということでした。展開も小栗旬も石原さとみも素敵で、特に真琴は結局自分の元々やろうとしていた職種に就職するという点が好ましかったです。あの展開で行くと、自分の将来とか夢とかブン投げて日向のそばにいるという選択もできないことはなく、その方が一般的なドラマだったと思います。しかし、それをせずに女性が好きなことを諦めずに、彼氏もその夢を応援しながら一緒に生きる工夫を考えるという結論がとても目新しく感じられました。放送当時には、とっても新しい展開だったと思います。あのドラマに出ていた人たちはみんな弱いところもありながら、ものすごい強みも持っていて、それを模索しながら苦しむという若者世代によくある悩みをとてもよく表現していたと思います。まだまだ続きが見たいドラマでした。

最終回が終わりましたが相武紗季の心境がよく分かりませんでした。レストランのトップからナンバー2に退いた。そこまではいいのですが、その先の心境は何を考えているのか、またどういった心境なのか心の内を明らかにされることがなく、またその心理状態をわかりやすく描かれているストーリーとはなかなか言い難いところが残念な点であります。私自身が紗季先の方に少し傾倒しているのが理由なのかもしれません。どうしてもそれは石原さとみ側の心境を描くことは「正」であって私が求めているような願いは叶わないのは普通の流れかもしれません。しかしもう少し掘り下げてもらえれば良かったと思います。
また石原さとみについても小栗旬との恋愛観をもう少し掘り下げたりしては良いのにという気分でもありました。相武紗季と同様に心の心理描写を丁寧に描いていないためこのような思いがするのかもしれません。そういった点では少し心残りのした最終回でした。

ブラジルに旅立とうとする石原さとみ演じる夏井真琴は、小栗旬演じる日向への想いを断ち切ろうと葛藤していました。そんな中、日向は社員すべての名前を言い、人と向き合うことを大切とする新たな日向として生まれ変わった姿を見せていました。そんな姿を真琴に見せたいなと思う日向の切なさが見てとれました。真琴の忘れ物の写真立てを持ち、空港まで駆けつけた日向の一言一言が俺様だけど愛があり、真琴を愛する気持ちが溢れており、かっこよかったです。この時の石原さとみさんの演技も可愛らしくて微笑ましい2人のやりとりでした。年月が経ち、朝比奈が会社に復帰して、壁に俺たちならできると書いたシーンは2人の新たなスタートを見れたようで嬉しかったです。真琴と出会い、日向は自分自身と向き合えたと思います。素敵なラブコメディでした。

 

スポンサーリンク

リッチマンプアウーマン最終回のあらすじ

#11 2012年9月17日放送 最終回・君のもとへ・・・二人の未来

「NEXT INNOVATION」に戻った日向徹(小栗旬)は、会社の変わり果てた光景に言葉を失うも、山上芳行(佐野史郎)に感謝の言葉をかける。職場に復帰した朝比奈燿子(相武紗季)にも会うと、拘置所の朝比奈恒介(井浦新)に再度面会を断られたと話す。そんな日向に燿子は、夏井真琴(石原さとみ)に気持ちを伝えたのか、と聞くが、日向は否定、真琴がそばにいたのは、全てを失っていた自分への同情心からだ、と言って燿子を呆れさせる。

その頃、研究所にいた真琴は、勤務地がブラジルになったと伝えられる。

「NEXT INNOVATION」社長に復帰した日向は会見を開く。その模様を見た真琴は、思わず会社に来てしまい、逢うのを避けていた日向に遭遇してしまう。久しぶりの再会にも素直になれないふたりは、ぎこちない様子で近況報告をしあう。会社の厳しい現状に、今度ばかりは打つ手がないかもしれない、と日向。真琴は、朝比奈が戻るまで頑張れ、と励まし、自分のブラジル行きを報告する。ショックを受ける日向に真琴は、わざと張り切った様子を見せる。

数日後、真琴に電話をかけた日向は、会社に来てみないか、と誘うが、仕事が忙しいと真琴は断る。仕事が終わってからでいい、自分もずっとここにいるから、と粘る日向に、真琴は迷いつつも行く、と約束する。日向は待ち続けるが、朝になっても真琴は現れなかった。そのとき真琴からの着信が・・・。

(引用:FOD

 

最終回キャスト

・小栗旬・・・日向徹 役

NEXT INNOVATIONの社長に復活し、50憶円の融資を受ける事に成功する

・石原さとみ・・・夏井真琴 役

日向を支え続けるが、製薬会社に就職が決まり、勤務地がブラジルに決まる

・井浦新・・・朝比奈恒介 役

インサイダー取引と、故意に個人情報流出させた罪で服役中。

・相武紗季・・・朝比奈燿子 役

勤めるレストランではセカンドシェフになりましたが新たなチーフの乃木との関係は良好

・丸山智己・・・乃木湧太 役

レストラン「Eclat Noble」のチーフシェフ

・浅利陽介・・・安岡倫哉 役

日向に代わって「Wonder Wall」の新CEO

・佐野史郎・・・山上芳行 役

NEXT INNOVATIONの取締役

・野村麻純・・・小野遥香 役

真琴の親友。真琴の恋愛を応援している

・石坂浩二・・・JIテック社長 役

日向のむちゃな提案に前向きになってくれて、50憶円融資してくれる

 

【最終回ロケ地】
日向が真琴を見つけ、キスをした空港ロビー
・住所 東京都江東区青海2丁目5-10テレコムセンタービル3階
・電話番号 03-6457-1247

 

スポンサーリンク

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

ぜひ、『リッチマンプアウーマン』、本編も見てみてくださいね♪

『リッチマンプアウーマン』の無料動画を見る方法はコチラ!
>>リッチマンプアウーマンの無料動画を1話~全話見逃したときにフル視聴する方法!
※このサイトのトップ画像は、公式サイトから引用させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました