古畑任三郎 赤か青かのネタバレ・あらすじ・感想まとめ!木村拓哉が犯人役って本当?

古畑任三郎

『古畑任三郎 赤か青か』のネタバレ・あらすじ・感想について、まとめてみました!

大人気ドラマシリーズ「古畑任三郎」の中でも、最も安定したクオリティーで制作されていると名高いのが第2シーズン。

ラーメンよりも映画好き!美香
ラーメンよりも映画好き!美香

そんな第2シーズンの第4話にあたり、古畑が物語のラストに驚きの行動をとった事でも話題を呼んだのが「赤か青か」です。

シリーズ初の爆弾犯役に当時23歳だった元SMAPの木村拓哉さんが起用され、最年少の犯人が新鮮な回でもありました。

今回は、「赤か青か」のネタバレ・あらすじ・感想をまとめてみました♪

 

スポンサーリンク

古畑任三郎の赤か青かのネタバレ!

古畑は警備員である真鍋が犯人を見たせいで殺されたと推理し、爆弾が仕掛けられた時間を夜中2~3時と断定します。

その時間に地上に降りた状態になっていた太陽の絵柄の1号機のゴンドラを古畑が見ると、そこには今泉が乗っていました。

事件に巻き込まれ傷心状態だった今泉は今日から現場復帰したところでしたが、何故かゴンドラに乗って遊んでいたのです。

今泉が爆弾の形状について電話で処理班に伝えると、下手くそな説明にも関わらず林はつい正確な図面を起こしてしまいます。

他にも林の自転車にチェーンがなく、大学と現場が近い事、爆弾犯からのアクションが途絶えた事から古畑は林を疑います。

古畑は現場に落ちていた自転車のチェーンからメーカーを割り出すのは時間の問題だと部下にわざと林の前で報告させました。

そして、いくつかの推理内容から確信を得て、爆弾処理の完了まであと少しというところで林自身に犯人であると名言します。

怒った林は捜査への協力を打ち切り、研究室に戻ってチェーンを処分しようとしますが古畑たちの来訪であえなく隠す事に。

林が爆弾のその後を聞くと、古畑は解除を終えたとわざと下手な演技でハッタリをかけます。

解除の最後の工程で赤もしくは青の配線の片方を切断する必要がありますが、どちらを切断したかの問いに古畑は青と答えました。

さらに古畑は林が今泉を女性だと思っていた事を指摘し、林が犯行時刻に遊園地にいたことを立証します。

林が爆弾を設置してから鍵を探しに戻る間にゴンドラは動いていて、後から見たゴンドラが林の印象に残ってしまったのでした。

古畑の下手な演技と煽りにイラ立ちを隠せない林は、とうとうボロを出して自らが犯人である事を明かしてしまいます。

「起爆装置はまだ解除されていないし、自転車の鍵はまだゴンドラの中にある」と言いますが、鍵の事は誰も話していません。

林が犯人だと判り切断する配線を再度訪ねると、林はとっさに嘘である青と言いますが古畑は赤を切断するよう指示しました。

間一髪のところで爆弾は解除され、古畑も最後までわからずにいた犯行の動機を林に訪ねます。

すると林は、観覧車のせいで時計台が研究室から見られなくなり邪魔だったと身勝手な事を言い、古畑はビンタを食らわせました。

驚き呆然とする林は、古畑の呆れ顔を見つめながら連行されていったのでした。

 

スポンサーリンク

古畑任三郎の赤か青かのあらすじ

天神大学の電子工学部研究員である林功夫は、自身の研究室で夜な夜な爆弾を製作していました。

真夜中、大学の目の前にある遊園地へ柵を超えて侵入し、林はついに完成した時限爆弾を観覧車に仕掛けるつもりでいました。

観覧車のゴンドラのうちひとつの中、椅子の下の蓋を開いた部分に爆弾を設置します。

これは重みが加わるとタイマーが作動する仕組みで、即ちこのゴンドラに乗客が乗った時、爆弾が作動するという事でした。

持ってきたドライバーでは蓋が外せず、林は乗ってきた自転車の鍵を使ってネジを回し、爆弾の設置に成功します。

帰り道自転車の鍵を失くしたと気が付きゴンドラまで戻るも鍵は見つからず、チェーンを切って乗ることに。

そこを偶然巡回していた警備員・真鍋茂に見つかってしまい、自転車に貼ってある防犯登録番号をメモされてしまいました。

爆弾犯が自分だとバレる事を恐れた林は、持っていた懐中電灯で真鍋の頭を殴り、殺害したのでした。

さらに翌日、林は遊園地の管理会社へ脅迫電話をかけます。

それは正午までに現金3000万円を用意しなければ、観覧車に仕掛けた爆弾を爆破させるという内容でした。

林はこれが脅しではないと証明するために、チケット売り場を爆破して脅迫の内容に信憑性を持たせます。

警察の爆発物処理班が遊園地に到着しますが、ベテランである班長・左門が療養中のためにある人物に推薦を出します。

林は大学で電子工学を専門に研究をしていて、その応用で爆発物についても知識を持ち評価されていました。

警察が爆弾のエキスパートとして協力要請をしたのは、なんと犯人である林だったのです。

一方、古畑たちは真鍋の殺人事件の調査で遊園地を訪れており、真鍋が殺害された状況について推理を進めていました。

古畑は現場の状況から真鍋の殺害状況を言い当て、さらにその後起こった爆弾事件の犯人と殺人犯が同一人物であると気付きます。

爆発物処理班と古畑らの合同捜査が始まり、要請を受けて現場に来た林と古畑が皮肉にも顔を合わせる事になったのでした。

 

スポンサーリンク

古畑任三郎の赤か青かの感想

古畑任三郎シリーズは相変わらずゲストが毎度豪華で、どの話を観てもスペシャル感がありますね…!

赤か青かの犯人役を演じた元SMAPの木村拓哉さんは、唯一シリーズ内で2回犯人役かつ別人を演じた唯一の存在なんですね。

グループの中でも単独で役に抜擢されるなんて、この頃から演技も認められていたんだなぁと改めて思います。

そして、シリーズ初の爆弾犯でありシリーズ最年少・23歳と若い犯人像という事で特別感満載です。

言われてみれば他の犯人にはない、若者特有の冷めた感じや古畑をおっさんと呼んでしまうなど新鮮な場面が多くありました。

ストーリー面ではいつもの謎解きに加えて爆弾処理の期限付きという条件が付いて、とてもスリリングなラストでした。

この話は4話なので、毎話の物語に慣れてきた頃にいつもと違う面白さが加えられるなんて、やはり制作陣はプロですね~。

いつものじっくり相手を付け回して少しづつボロを出すやり方と違って、時間がない分古畑もやや強引に解決に向かっていました。

さりげなく細かい演技をしたり、犯人へ揺さぶりをかけたりと逆トリックを効果的に利用するある意味賭けの作戦。

しかし伏線の総回収といった形で犯人に大勝利する古畑の、ここぞという場面で決めるところがとてもカッコ良かったです。

そして、今泉が何故かゴンドラに乗っていたのには爆笑でした…面白すぎる!!笑

しかも浮かれてニコニコ乗っていった様子が目に浮かぶ…!!笑

おばかな今泉のまたもや自業自得でしたが、命がかかっている事もあって古畑も切迫していた部分もあるかもしれませんね。

最後の古畑のビンタには意外すぎて驚きましたが、動機に呆れ果て身勝手さに怒ったという事だと思います。

これは少し深読みしすぎかもしれませんが、若者の過ちをきちんと怒ってあげられる大人なんだなぁと意外に思いました。

案外アツいところ、あるんじゃん!と。

さらに林に至っては、後日談のエピソードで更生したという設定があり、ビンタの場面はシリーズ通しての名シーンと言えます。

全てが片付いた後の向島とのやりとりで、林には人の心を読むプロだと豪語したものの若干落ち込んでいた様子の古畑。

動機が予想外すぎたことからなのでしょうが、「人の心は簡単には読めない」と言う古畑がなんだかカッコ良かったです。

アバンタイトルで二者択一を迫られた時の心理について語られていますが、恐らくその話のように赤と判断したのでしょう。

きちんと心理を読んでいたのに、おみくじに書いてあったラッキーカラーが根拠だとさらっと部下に話すところもクールですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

「赤か青か」では、木村拓哉さん演じる爆弾犯が遊園地に爆弾を仕掛け、爆弾のエキスパートとして捜査に協力する事になります。

時限爆弾のリミットが迫っている事から、古畑は逆トリックを利用して犯人を揺さぶり、見事爆弾を解除し自白させました。

古畑任三郎シーズン2第4話の、「赤か青か」のネタバレ・あらすじ・感想まとめをお届けしました!

◎古畑任三郎(シーズン1)の無料動画を視聴するならコチラ!
>>古畑任三郎(シーズン1)の無料動画を見逃したときに1話~最終回までフル視聴する方法!

※この記事のトップ画像は、FODから引用させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました